Staff Blog

新型コロナウイルス感染症対策を徹底しています(感染予防3つの約束)追記・再掲

公開:2021.01.08

お知らせ

こんにちは、桜十字渋谷バースクリニックの事務長です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染再拡大の中、不安を抱えながら妊活されている方も多いかと思います。

以下の当院の取り組みは昨年8月にお知らせしたものに追記したものとなります。
患者さまとそのご家族、そして当院のスタッフと家族を守るため、昨年3月の感染拡大時から標準的な感染予防を更に徹底して取り組んでいます。

当院では、通院していただく皆さまが少しでも安心していただけるよう、感染予防をこれまでも、そしてこれからも徹底してまいります。

感染予防3つの約束

  • 働く職員の感染予防を徹底します
  • 清潔で快適な院内環境を保ちます
  • 患者さま同士の接触を避け、感染リスクを可能な限り排除します

以上3つの約束を実現する取り組みについて記します。

働く職員の感染予防を徹底します

  • 職員は出勤前と出勤時に検温と体調報告を日々実施します。
  • 休日も体調不良が認められた場合、速やかに法人へ報告します。
  • 体調不良が認められた場合、出勤を停止し、関連医療機関の受診等、法人の感染症予防委員会を通じて予め定められたチェックを実施します。
  • 職員は休憩時も密を避け、予め決められた時間と場所で休憩を取り相互感染リスクを最小化します。
  • 食事休憩時にマスクを外した状態で会話することを控えます。
  • もし職員に感染者、濃厚接触者疑いが発生した場合、所管の保健所と連携して必要な対策を速やかに実施します。

清潔で快適な院内環境を保ちます

  • 診療時間中は室内換気システム、エレベーターおよび非常口の解放を通じて常に換気を実施してします。
  • 空気清浄機およびサーキュレーターを診察室、リカバリールーム、待合室、スタッフ休憩室等に合計10台設置しています。
  • 冬季は診察室および待合室の加湿を実施します。
  • 飛沫防止パーテーションを受付と診察室に設置しています。
  • 職員は常にマスクを着用し、加えて採血や自己注射指導時等はフェイスガードを着用します。
  • 採卵等の手術時には標準予防策に従い、ガウン、ゴーグル、手袋、マスクを着用し、予め滅菌精製水で手指消毒を徹底します。
  • ドアノブ、エレベーターボタン、手すり等を頻回に次亜塩素酸ナトリウム水溶液で清拭し除菌します。

患者さま同士の接触を避け、感染リスクを可能な限り排除します

  • 当院は予約制です。患者さま同士が十分な距離を保つことができる範囲でご予約をお取りしています。
  • ソーシャルディスタンスが取れるよう、待合室の椅子は1m以上、可能であれば2m以上離して、なおかつ同じ向きになるようレイアウトしています。
  • 来院時にかならず体温測定させていただきます。
  • 受付にアルコールジェルをご用意しています。パウダールームのお手洗いもご利用ください。
  • 便座除菌クリーナーをすべてのトイレに設置しましたのでご利用ください。
  • ご受診されないご家族の付き添いは当面のあいだご遠慮いただきますのでご了承ください。
  • 院内での採精を当面のあいだ中止し、ご自宅での採精をお願いしております。
  • 院内でのマスク着用をお願いしています。※お忘れになった場合は院内で販売もいたします。
  • リカバリールームのリネン、内診室のタオル等を患者さま毎に交換しています。
  • 雑誌の設置を見合わせています。待ち時間にご利用いただけるフリーWi-Fiを提供していますのでパスワードはスタッフまでお尋ねください。

 

誰もが罹るリスクがある感染症ですが、そのリスクは低減することができると考えます。
これからも安心して通院していただける清潔な環境づくりを提供しつづけます。

もしお気づきのことなどありましたら、遠慮なくスタッフにお声がけいただくか、院内設置のアンケートにご記入いただけましたら、速やかに改善いたします。