Examination

不妊治療を始める際にはまず不妊の原因を確認します。ホルモンの状態や、子宮や卵巣の状態、卵管の通過性、精子の数や運動率などの検査を行います。代表的な不妊検査は下記となりますが、必要となる検査は患者さまによって異なります。

一般不妊検査

月経周期に合わせて行う血中ホルモン検査、子宮の形態や卵巣を観察する経腟超音波検査、子宮内腔の形態や卵管の通過性を観察する子宮卵管造影検査が代表的な検査となりますが、初診時には感染症、甲状腺機能、肝機能、腎機能についても検査します。

一般不妊検査図

月経期に受けられる検査

  • 血中ホルモン検査

卵胞期に受けられる検査

  • 子宮鏡
  • 通水検査
  • 子宮卵管造影検査
  • 経膣超音波検査

排卵期に受けられる検査

  • 性交後検査(フーナーテスト)

高温期に受けられる検査

  • 血中ホルモン検査
  • 子宮内膜測定

いつでもできる初期検査

  • 感染症
  • AMH
  • 甲状腺検査
  • 精液検査 等

子宮卵管造影検査

子宮内に造影剤を入れ、子宮の形態と卵管のつまりや形状、骨盤内癒着を観察する検査です。

AMH検査

AMHはアンチミューラリアンホルモンまたは抗ミュラー管ホルモンの略で、血液検査によって卵巣予備能を検査します。卵巣予備能は卵巣の中に卵子がどれくらい残っているかを表す目安となります。

精液検査

院内にて精液を採取、もしくはご自宅で採取した精液を提出していただき、世界保健機構(WHO)のガイドラインに基づいて精液中の精子の数や運動率、奇形率を算出します。

当院では精子運動解析システム(SMAS〈スマス〉:Sperm Motility Analysis System)を導入しています。SMASは高精細カメラと最新鋭のソフトウェアを用いて精子の判別を自動で行い、精子の数・運動性・移動軌跡・不動精子の判別など、人の目では決して見ることのできない数多くの解析を正確かつ短時間で行うことが可能な装置です。

不妊原因の約半数が男性側の要因と言われており、治療に入る前にはなるべく受けていただく検査になります。
例え精液検査に問題があった場合でも、体外受精や顕微授精によってパートナーの妊娠が可能な場合もあります。

フーナーテスト

フーナーテストとは、排卵のタイミングに合わせて性交渉を行い、その当日、もしくは翌日に女性が来院して子宮の頚管粘液を採取し、顕微鏡で動いている精子があるかどうかを確認するテストです。
排卵の数日前から出る粘性の高い透明な腟分泌物を頚管粘液と言い、頚管粘液中に運動している精子が一定の値以上存在するかどうかで、子宮内に精子が入っていけるか予想します。
精子が存在しても数が少ない、あるいは動いている精子がいても運動性が著しく悪い場合などは、再検査や治療の対象となることがあります。

反復着床不全検査

体外受精・顕微授精を行っている患者さまの中には、妊娠が期待できる良好胚はできるが移植してもなかなか妊娠しない(着床不全)という方もおられます。着床できない原因の一つとして、胚の異常だけではなく子宮内膜の変化も重要となるため、当院では反復着床不全検査として、子宮鏡検査、子宮内膜生検、子宮内膜蠕動検査、採血、ERA検査を行います。

ERA検査(子宮内膜着床能検査)

胚移植当日の子宮内膜が着床に適しているかを調べる検査で子宮内膜受容能検査とも呼称されています。
反復着床不成功例の原因の多くは、胚の染色体異常や子宮内膜増殖症、子宮粘膜下筋腫、子宮内ポリープ、子宮内癒着などの子宮因子、卵管水腫などの卵管因子、血栓傾向などが考えられてきました。その他、移植胚と子宮内膜の「着床ウィンドウ」のずれも示唆されてきましたが、具体的な確証は得られていませんでした。
しかし、2013年、スペインのグループによる「着床のウィンドウ」が"いつ"なのかを個別に確認することが可能になりつつあることが発表され、その結果では約25%の患者さまが胚移植実施予定の日に子宮内膜が受精卵を受け入れる状態では無い、というものでした。

■ ERA検査の実施方法

融解胚盤胞移植実施の周期に使用するホルモン剤を用いて胚移植をする周期と同じような方法で着床しやすくするために子宮内膜を厚くしていきます。ホルモン剤を投与してから5日目に子宮内膜の組織を採取して検査を行います。子宮内膜組織の採取には、強い痛みがないため麻酔を使わずに実施いたします。

ERAを実施する周期は、胚移植は実施できません。
1回目のERAで、"非受容的(non-receptive)"だった場合、もう1度検査を実施し、ホルモン剤投与から3~4日目、または6~7日目に子宮内膜組織の採取を行い、着床に最適なタイミングを調べることになります。
※検査結果が出るまでに2~3週間かかります。

■ 検体不良による再検査について

ERA検査は検体の採取が難しく、検体不良として再検査になる場合があります。予めご了承ください。

EMMA検査(子宮内膜マイクロバイオーム検査)

子宮内膜に存在する細菌を網羅的に分析する検査です。この方法は、次世代シークエンサー(NGS)を用いて細菌のDNAを調べることで、妊娠成功との関連が認められている様々な子宮内膜の細菌群を検出します。この検査はERA検査と同時に行うことができます。

ALICE検査(感染症慢性子宮内膜炎検査)

次世代シークエンサー(NGS) を用いて、慢性子宮内膜炎と呼ばれる子宮内膜の慢性的な炎症の原因に特に関わりが深い細菌性病原体の有無を検出するものです。子宮内膜におけるこれら細菌性病原体は不妊および妊娠合併症に関係する報告があります。この検査もERA検査、EMMA検査と同時に行うことができます。

反復着床障害で悩まれている患者さまは着床のタイミングや子宮内膜の細菌叢の変化がみられるかもしれません。
当院で検査が可能ですので、ご希望の際はお申し付けください。