Infertility

不育症とは

待望の妊娠をしても、おなかの中の赤ちゃんが育たず、一般的に2回以上流産や死産、早産を繰り返してしまうことを『不育症』といいます。そして初めての妊娠で流産する確率は年齢にもよりますが、約15%といわれ、その原因の半数以上は胎児の染色体異常ですので偶然の出来事ということになります。しかし、それが2回、3回と繰り返す場合、その原因を詳しく調べたほうが良いと言われています。近年は不妊治療によって、自然妊娠より早く妊娠できるようになりましたが、流産してしまい辛い思いをしている患者さんもたくさんおられるのが現状です。

不育症の原因

不育症の原因は、次のようなものがあります。
(これらの原因が複合したり、また原因がはっきりしない場合もあります。)

子宮形態異常

子宮筋腫のように、子宮の形態に異常があると流産しやすくなるといわれています。

内分泌異常

排卵や着床の障害になる「高プロラクチン血症」、黄体ホルモンがうまく動かない「黄体機能不全」、そして「甲状腺機能低下症」のようなホルモン分泌異常が流産に影響を与えるといわれています。

抗リン脂質抗体

自己免疫の異常で血栓がつくられやすくなる自己免疫異常の一つで、自己抗体にはさまざまな種類があり、抗リン脂質抗体があると血栓ができやすく流産を引き起こすと考えられています。

凝固因子異常

妊娠中に胎盤内に血栓がつくられると胎児に栄養が運ばれなくなり、流産や死産を招くおそれがあります。

染色体異常

流産率は夫婦のいずれかの染色体異常がある場合、約50%と言われていますが、出産できないわけではありません。一部に着床前診断の適応となるケースもありますが、体外受精の必要があります。

免疫異常

お腹の中の赤ちゃんや受精卵の半分は父親由来ですから、赤ちゃんは母体にとって異物と見なされてしまう場合があります。この妊娠維持のメカニズムがうまく機能しない場合、赤ちゃんの父親由来部分をそのまま異物と認識してしまうことで流産にいたることがあります。

不育症の検査

次回妊娠の際に、再び流産を防止し、妊娠を維持するために「妊娠前から流産を予防する」のが不育症治療となります。そのためには、その原因をさがし出す検査を行う必要があります。検査の多くは血液検査ですが、健康保険がきかない項目もあります。

不育症の治療

不育症の治療法、原因によりさまざまですが『抗リン脂質抗体と凝固因子異常』で、下記の方法が代表的な方法です。

■ 低用量アスピリン
胎盤内に血栓ができると血流が滞って胎児への栄養がスムーズに流れなくなるのを防ぐ治療です。低用量アスピリンを服用します。

■ ヘパリン治療
血栓を防ぐ作用があるヘパリンを用いる療法です。低用量アスピリン療法と併用することで高い治療効果が得られています。他にも、ステロイド、ガンマグロブリン療法、TNF-aアンタゴニスト、イントラリピド、ピシバニール、G-CSFなどの報告もあります。