ART

体外受精(IVF)

体外受精・胚移植とは、精子と卵子を体外で受精させ、培養した胚(受精卵)を子宮内に戻し妊娠の成立を期待する治療法です。体外受精では精液を精製し、良好な精子のみを回収、回収した精子を卵子に振りかけるようにして媒精(精子と卵子を合わせること)します。
媒精の翌日に受精したことを確認できた場合、基本的には胚盤胞と呼ばれる着床する直前までの段階まで育て、胚(受精卵)を子宮の中に移植します。胚盤胞まで育ったものが複数ある場合には、残りの胚を凍結保存します。より良い治療成績が期待できるため、当院では凍結した胚を融解して次生理周期以降に移植する凍結融解胚移植をお勧めしています。

当院の実績
(凍結胚盤胞移植の臨床妊娠率)

体外受精・顕微授精の流れ

卵巣刺激(排卵誘発)

より多くの卵子を十分に成熟させて採卵するために、内服と注射で排卵をコントロールしながら卵子を育てます。

<卵巣刺激方法、ホルモン薬について>
当院では、1回あたりの採卵での妊娠率上昇を目的とし複数の卵子を採取するため排卵誘発剤(FSH/HMG注射や内服薬等)を用いて卵巣刺激を行います。月経3日目に診察に来院していただき、採血・診察を行い問題なければ刺激開始となります。卵巣機能により異なりますが、FSH/HMG注射を連日もしくは隔日投与します。月経7-9日目に経腟超音波検査と採血による卵巣ホルモン測定を行い、卵巣の反応性やホルモン値に合わせFSH/HMG注射の量や回数を調整する場合があります。また、卵胞の直径が14mmを超えるくらいから、排卵抑制薬の注射を併用します。卵胞の直径が18mmを超え、ホルモン値も適当な場合、GnRHa(ブセレキュア)という点鼻薬を鼻腔に噴霧、またはhCG5,000~10,000単位を筋肉注射して卵子を成熟させます。採卵はその約34~36時間後に行います。

採卵と採精

経腟超音波で卵巣を観察しながら採卵針で卵胞を穿刺して卵子を採取します。採卵は無麻酔または麻酔を併用し、5~10分程度で終了します。卵子の状態が不良な場合や卵子が未成熟な場合などは卵胞を穿刺しても卵子が得られないことがあります。また、採卵時すでに排卵が終了し、採卵できないこともあります。採卵終了後はリカバリー室で休んでいただき、出血等異常がないことを確認、医師から結果説明を受けた後、帰宅していただきます。
男性には採卵日当日に精液を採取していただきます。院内にある採精室で精液を採取していただくか、院内で精液の採取ができない場合は自宅で採取して持ち込むことも可能です。良好運動精子の数が不十分な場合など、精液の所見によってはご夫婦の了解のもとに顕微授精を行うことがあります。

媒精

採卵した卵子と、採精後に精製した精子を一緒にして受精させます。精子を卵子に振りかけるようにして同じ培養液内に置くことで、精子と卵子の力に任せて自然に受精するのを待つ体外受精と、1個の精子を卵子に直接針で注入して受精させる顕微授精の2種類があります。

<体外受精>
培養液を満たしたシャーレの上で精製・濃縮した精子を卵子に振り掛けて体外で受精を行う方法です。体外受精での受精率は約70%前後です。

<顕微授精>
顕微授精(卵細胞質内精子注入法)は、マイクロピペットと呼ばれる細いガラス管を用いて精子を卵子の細胞質内に直接注入する方法です。通常の体外受精・胚移植の場合、受精するためには卵子1個に対して10万個程度の良好運動精子が必要とされています。顕微授精では、通常の体外受精では受精しない、あるいは受精率が低いと予想される方が対象となります。顕微授精での受精率は約80%前後です。

胚培養

専用の培養液を用いて培養器中で受精卵を育て細胞分裂を進行させます。受精卵は通常2~7日間、恒温器の中で厳重な管理のもとに培養します。培養の途中で受精卵の発育が停止し、予定された移植ができない場合もあります。

胚移植

培養した胚を子宮内へ移植します。採卵した生理周期で移植をする新鮮胚移植と、胚を凍結して別周期で移植をする凍結胚移植の2種類があります。
胚移植は、正常に受精し発育した受精卵を超音波断層法で観察しながら、カテーテルを用いて子宮内に移植します。新鮮胚移植は採卵後3日目から5日目のものとし、胚の状態を見て戻す胚を決めていきます。胚移植は数分で終了し、痛みはほとんどありません。数分間の安静後、帰宅していただきます。母児にリスクの高い多胎を防止するため移植胚数は原則として1個に限定しております(日本産科婦人科学会ガイドラインより)。移植当日は激しい運動は避け、日常の家事をする程度にとどめて下さい。翌日からは、通常の生活をしていただいて差し支えありません。

<凍結胚、凍結精子の保管>
当院では胚・卵子の凍結はガラス化法による急速凍結法を採用しています。凍結保護剤を含む溶液中で胚・卵子を脱水した後、液体窒素(-196℃)内で保存する方法です。胚・卵子の融解は、液体窒素から凍結卵(胚)を出し融解用に調整した培養液中で融解します。融解した胚の移植は、患者様の生理周期に応じて、排卵周期を利用して胚移植するかホルモン補充周期に移植するかを医師と相談して決定します。
凍結胚、凍結精子の保存期間は凍結開始日より1年間です。その後はご希望に応じて1年毎に保存期間を更新することが可能です。保存期間終了時に更新料として1年間の凍結保存料が必要となります。

ホルモンの補充

移植後は、黄体ホルモン剤を内服します(黄体ホルモン剤の腟坐薬を使うこともあります)。黄体ホルモンを補うことで、子宮内膜を厚くして維持させ、着床しやすくする環境を整えます。

妊娠判定

妊娠判定は胚移植後12日目(胚盤胞移植のときは7−9日目)に行います。体外受精・胚移植の場合でも、移植した胚が子宮腔以外の場所に着床し、子宮外妊娠になる可能性があります。

当院の特徴

・タイムラプスインキュベーター

体外受精では、媒精後に正常な受精をしているかどうかや、胚が成長している過程をインキュベーターから取り出して顕微鏡下で確認する作業が必要となります。
しかし、通常であれば体内に存在する卵子と精子および受精卵には、私たちの生活する酸素濃度の高い環境は非常にストレスとなります。母体内のガス環境に合わせたインキュベーターから受精卵を取り出して顕微鏡下で観察することは、受精卵を育てている培養液のpHの変化や温度低下が起こり、受精卵に多大なストレスがかかる懸念があります。
そこで、当院では受精卵の観察時にインキュベーターから取り出さなくても観察が可能なタイムラプスインキュベーターを導入し、受精卵に優しい環境で胚培養を行うことが可能です。
また、発育の様子を動画で観察する事で受精や分割・発育速度が正常であるかどうかなど、今まで行われていた観察よりも多くの情報を得ることができるため、複数個の受精卵がある場合は、これらの情報をもとに良好胚の選択をすることができ、妊娠率の向上が期待されます。


・紡錘体可視化装置

紡錘体可視化装置は、卵子の成熟度を観察し、顕微授精時の紡錘体へのダメージを避けることにより、受精率、胚の発育、妊娠率の向上を図る装置です。紡錘体は細胞分裂時に必要な構造体で染色体を分配します。紡錘体可視化装置を使用することで顕微授精の際、紡錘体を避け穿刺することができ卵のダメージを減らします。また、紡錘体の有無を観察することにより、ICSIする時期か判断し紡錘体が観察できない場合追加培養し紡錘体を観察しICSIを行うことにより成績の改善を期待しています。


・ピエゾICSI

当院では、従来から用いられてきた一般的な顕微授精(ICSI)に加えて、『ピエゾICSI』と呼ばれる方法を取り入れております。
この方法は、卵子にやさしく有益な技術の一つです。「ピエゾICSI」は、“1つの卵子に1つの精子を直接入れる”という点においては、従来のICSIと同じですが、卵子の細胞膜の破り方に、大きな違いがあります。従来の顕微授精(ICSI)では卵子に針(ピペット)を刺しただけでは細胞膜が破れないため、その膜を破るために吸引圧をかけていました。この際、細胞膜の弱い卵子は吸引のショックで変性する場合がありました。そこで当院では、ピエゾ素子の発生する微細振動により卵子の細胞膜を破る事のできるピエゾICSIを導入しました。この技術は、卵子に対し吸引の際のショックがかからず、卵子が変性してしまう可能性を軽減できると言われ、正常受精率の向上が期待できます。


・IMSI(イムジー)

一般的な顕微授精では200~400倍に拡大して顕微授精に使用する精子を選択していますが、IMSIではより倍率の高い1,000倍以上に精子頭部を拡大することでより詳細に精子の形態を判別することが可能です。精子頭部の空胞の有無などを観察し、形態良好な精子を選択することで成績の改善を期待する方法です。

体外受精の体への痛み、副作用

排卵誘発剤、採卵および麻酔によって重篤な副作用は非常にまれではありますが、以下の副作用が生じることがあります。
慎重に薬剤投与を実施しますが、排卵誘発剤を使用することで卵巣の腫れを引き起こす、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症する場合があります。 また、麻酔による吐き気、頭痛、めまい、興奮、痙攣、尿閉(尿が出ない)、倦怠感などの症状、麻酔中にショックを起こす場合や、呼吸抑制が起こる場合があります。そのため、麻酔使用時はモニターで血圧、呼吸状態をモニタリングします。細心の注意を払って実施しますが、採卵時に採卵針の穿刺によって稀に他の臓器を傷つけたり、出血を伴ったりすることがあります。

<卵巣過剰刺激症候群(OHSS)>
女性の卵巣は親指大ほどの臓器ですが、その中の卵(卵胞)が不妊治療における排卵誘発剤に過剰に刺激されることによって、卵巣がふくれ上がり、お腹や胸に水がたまるなどの症状が起こることをOHSSと呼びます。重症例では、腎不全や血栓症など様々な合併症を引き起こすことがあります。
排卵誘発剤によるOHSSは原因となった薬を中止することにより改善することが多いので、「おなかが張る」、「はき気がする」、「急に体重が増えた」、「尿量が少なくなる」などの症状に気がついた場合は、すみやかに医師へ連絡してください。