Fertility treatment

タイミング法

妊娠を成立させるためには、できる限り正確な排卵日を予測し夫婦生活を持つことが第一歩です。排卵日付近でタイミングを取れている場合、避妊をしなくなってから1年以内に84%、2年以内に90%程度の方が妊娠に至ります。逆に適切なタイミングで夫婦生活を持ってもその期間を超えて妊娠しない場合は妊娠を妨げる何らかの原因がある可能性もありますので受診をおすすめします。

タイミング法では月経周期や基礎体温から排卵のタイミングを予想して排卵前にご来院いただき、超音波で排卵日をより正確に予測、妊娠しやすい性交渉のタイミングとしてアドバイスさせていただきます。自然の周期によるタイミング指導に加え、必要に応じて排卵誘発剤を使用する場合もあります。

ー タイミング法の流れ

月経周期や超音波で正確に排卵日を予測

月経周期が28日周期の場合、月経開始から12-14日目頃に受診し、超音波で卵胞の発育状態を観察のうえで排卵日を推定します。

アドバイスを受けたタイミングで夫婦生活を持つ

排卵前日~2日前にタイミングをとっていただくことで妊娠する可能性が高くなるといわれています。

人工授精(AIH)

運動性の良好な精子が少ない、腟内射精ができない、射精できていても子宮の頸管で精子の侵入をブロックしてしまっているような場合に行います。培養液で洗浄した精子を細い管を使用して子宮の奥まで入れ、受精、着床の可能性を高め、タイミング法を続けるよりも妊娠率が上昇すると考えられています。妊娠率は年齢にもよりますが、5~15%ほどが期待できます。

自然の排卵のタイミングに合わせる場合と、なかなか卵胞が育たない場合や人工授精を繰り返しているがなかなか妊娠に至らない場合には排卵誘発剤を使用することもあります。

ー 人工授精の流れ

月経周期や超音波で正確に排卵日を予測

月経周期が28日周期の場合、月経開始から12-14日目頃受診し、超音波で卵胞の発育状態を観察のうえで人工授精の日を決定します。

精液の採取

人工授精当日にクリニックにて精液を採取、または自宅で採取した精液をクリニックに持参いただき、精液を提出していただいた後、1時間程で精液を精製します。

精製後の精子を子宮内へ注入

精製した精液を子宮内に細い管で精子を注入します。

※精子は洗浄していますが子宮内への操作があるので感染症を予防するために、抗生物質を処方いたします。
※当日はお風呂の湯船には浸からず、シャワー浴のみにしてください。その他に注意することはありません。