News

【重要】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大下における当院での不妊治療について

2020.04.01 お知らせ

4月1日に日本生殖医学会より「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明」が発表されました。

健康な若者においても COVID-19 が非常に 高い罹患率・死亡率をもたらす可能性があり、妊娠や新生児への影響も現時点では不明であるため、不妊治療に関連する非緊急処置を延期することが推奨されました。

声明を踏まえ当院では現況に鑑み、以下のとおり治療の対応をお知らせいたします。

 

●現状の治療について
治療の継続および延期につきましては患者さまのご判断をお願いいたします。現状では細心の注意を払いながらご希望があれば不妊治療を継続する予定です。
そのため、可能な限り安全にご受診いただくため、通院前にご自宅で体温測定を行っていただき、以下の問題がなければご来院し診察を行います。

・37.5℃以上の発熱がある
・せき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)、風邪の症状
・過去1か月以内に海外への渡航歴がある
・味覚、嗅覚に異常がある
・感染者との濃厚接触がある、もしくは接触が疑われる

今後、感染リスク低減のため、既に決まっている場合を除き、院内での採精および、ご受診されないご家族のお付き添いは、当面の間ご遠慮いただきます。

また、今までと同様にスタッフおよび院内の標準予防策の徹底を図ります(採卵を含む外科的処置を行う際には、サージカルマスク、手袋、ガウン、エプロン、キャップ、ゴーグルを用います)。

●緊急事態宣言が発令された場合について
ご希望があれば体外受精周期の採卵は行う予定ですが、胚移植に関しては今までとおり全胚凍結をお勧めいたします。そのうえで融解胚移植の時期につきましては、国内におけるCOVID-19感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できるCOVID-19予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、患者さまとご相談させていただきます。
なお診療日時の短縮等は国や東京都など行政機関および学会からの更なる指針にしたがって適宜判断のうえ、お知らせいたします。

今後の状況により変更する可能性もあります。その際はまたご連絡いたします。不妊治療延期をご希望される場合は、現在の予約をキャンセルしていただきますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたら診察時にご相談ください。

皆様には、ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

桜十字渋谷バースクリニック
院長 井上 治

掲載されている内容に関する情報は、記事の掲載日現在の情報です。
その後、予告なしに変更となる場合がございます事をあらかじめご了承ください。